HTML(タグ)の基礎のブログ版です。ホームページを作成するためのタグなどについてのFAQを主に解説しています。徐々に足していきます。
主に頂いたお便りからの回答を元に作成していますが、もしかすると私が誤った回答をしているばあいもありますので、気づかれた方はお知らせいただけますと助かります。
SELECTED ENTRIES
ここから下はこのFAQブログ内ではなく、自サイトのHTMLの基礎のほうへリンクしています。FAQではなく要素などの意味や使い方を調べたい、と言う方は以下からリファレンスの方へ飛ぶ事ができます。
HTMLの基礎:目的別
HTMLの基礎:タグ別
※下記のものは主なタグだけです。他にも掲載しています。
サイト概要
<< 警告ダイアログを出したい |main |

確認ダイアログを出したい

ページ上でユーザーがアクションを起こした際(例えばフォーム内容の送信など) 、実行するか否かを尋ねる「OK」ボタンと「キャンセル」ボタンのついた、 確認の為のダイアログが出る事があります。

「OK」ボタンを押すと処理が実行され「キャンセル」ボタンを押すと実行されません。 ユーザーがページ上で誤ってボタンを押したりする事も考えられるので、 処理の内容によっては確認ダイアログを表示させた方が良い場合もあるでしょう。

この「確認ダイアログ」でメッセージを出すには 「警告ダイアログ」を出す時と同じくjavascriptを使用します。 以下に簡単なサンプルをあげてみました。 そのままエディタにコピーし、HTML文書として保存後ブラウザで表示させてみて下さい。


<html>
<head>
<title>sample</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function check()
{
if(confirm("フォームの内容を送信しますか?")) 
{return true;}
else 
{return false;}
}
//-->
</script>
</head>
<body>
<form name="form1" action="mailto:aaa@aaa.com" 
method="post" enctype="maltipart/form-data" onsubmit="return check()">
<p>フォームに内容を記述してください。</p>
<textarea name="message" rows="3" cols="30">ここに記入</textarea><br>
<input type="submit" value="送信">
<input type="reset" value="クリア">
</form>
</body>
</html>

※簡潔にするため、メタ情報などの細かい部分は全て省いて書いています。 またタグの途中で改行している場合もありますが、実際には改行させないで下さい。

送信ボタンを押す事で、check()が実行されます。
confirmは確認ダイアログを表示させることができるメソッドで、 ダイアログに表示させたい文字列をconfirm("この部分")に記述します。

この確認ダイアログで「OK」を選択すると戻り値trueを返し、 「キャンセル」ボタンを選択するとfalseを返します。

戻り値がtrueの場合は処理が実行され、falseの場合は実行されません

| 2006.10.23 Monday | ykr414 | FAQ【javascript関連】 | - |
url: http://ykr414.ykr.main.jp/trackback/31