HTML(タグ)の基礎のブログ版です。ホームページを作成するためのタグなどについてのFAQを主に解説しています。徐々に足していきます。
主に頂いたお便りからの回答を元に作成していますが、もしかすると私が誤った回答をしているばあいもありますので、気づかれた方はお知らせいただけますと助かります。
SELECTED ENTRIES
ここから下はこのFAQブログ内ではなく、自サイトのHTMLの基礎のほうへリンクしています。FAQではなく要素などの意味や使い方を調べたい、と言う方は以下からリファレンスの方へ飛ぶ事ができます。
HTMLの基礎:目的別
HTMLの基礎:タグ別
※下記のものは主なタグだけです。他にも掲載しています。
サイト概要
<< インラインレベル要素・ブロックレベル要素 |main | 確認ダイアログを出したい >>

警告ダイアログを出したい

「ページ上で何か押したりした時にポップアップで警告の小窓が・・略・・ どうやってするのですか」という質問です。 ここで言う警告の小窓とは「警告ダイアログ」の事で、ユーザーがサイト上で何かアク ションを起こした際に、確認や警告のメッセージを表示させるために使用します。

この「警告ダイアログ」でメッセージを出すにはjavascriptを使用します。 以下に簡単なサンプルをあげてみました。 そのままエディタにコピーし、HTML文書として保存後ブラウザで表示させてみて下さい。


<html>
<head>
<title>sample</title>
</head>
<body>
<p>ボタンの上にマウスを置いてください</p>
<form>
<input type="button" onmouseover="alert('あああ')" value="あああ">
</form>
<hr>
<p>ボタンをクリックしてください</p>
<form>
<input type="button" onclick="alert('いいい')" value="いいい">
</form>
</body>
</html>

※簡潔にするため、メタ情報などの細かい部分は全て省いて書いています。 またタグの途中で改行している場合もありますが、実際には改行させないで下さい。

alert('あああ')

の部分で警告ダイアログでメッセージを出しています。 表示されるメッセージはalert()内にかかれた文字列です。


マウスが指定した領域へ来た場合にイベントを発生させたい時には
onmouseover → onmouseover="alert('あああ')"
指定した領域をクリックした場合にイベントを発生させたい時には
onclick → onclick="alert('いいい')"
を使用します。

他にもブラウザのバージョンによってはできない物もあったりするのですが、主な物に・・

マウスが領域から出た時 onmouseout
マウスのボタンが押されている時 onmousedown
ページが読み込まれた時 onload
送信(サブミット)ボタンが押された時 onsubmit

など色々あります。
なお、ここで説明した警告ダイアログは、警告メッセージを出すだけのもので キャンセルボタンはついていません。

よくページ上で入力したフォームの内容などを送信する際に、 確認メッセージが出ることがあります。こちらには「OK」ボタンと 「キャンセル」ボタンがついており、キャンセルボタンが押された場合には その処理は実行されません。とても簡単ですが、次回はその説明をする予定です。

| 2006.06.03 Saturday | ykr414 | FAQ【javascript関連】 | - |
url: http://ykr414.ykr.main.jp/trackback/30